凍結対策について

水道管に冬支度を!

気温がマイナス4度以下になると、水道管が凍結して水が出なくなったり、破裂して漏水することがあります。

凍結を防ぐには

 露出した水道管や屋外にある蛇口に厚手の布等をかぶせ、ビニールテープなどで巻きつけ、保温してください。

凍結して水が出ないとき

水道管の凍った部分にタオルや布をかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて、とかしてください。

直接、熱湯をかけると、水道管が破裂することがありますのでご注意ください。

破裂したとき

まず、止水栓を閉めて水を止めてください。水が止まらないときは、破裂した箇所にタオルやビニールテープ等を巻いて応急処置をし、お近くの指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

 ※イラスト提供:(株)水道産業新聞社